会社案内

代表あいさつ

石原工作株式会社について

未来へ向け目まぐるしく発展、変動を重ねる社会。
これに伴う技術の開発向上には目を見張るものがあります。
トリミング金型に端を発した弊社も、
この社会のニーズに応えるべく開発研究に努力し、
プレス金型の設計・製作等、活動分野を拡大してまいりました。
今後もさらに柔軟かつ謙虚な姿勢を保ち、
新分野の研究開発・技術力の向上へ邁進致す所存でございます。
そして、優れた品質の製品を供給することによって、
より幅広い社会に微力ながら貢献することが
私どもの責務と考えております。

代表あいさつ
私達は金型製造や機械部品を製造する中で
人々が文化的な生活ができるよう 社会に技術を提供して参ります。
より多くの方に役立ち喜ばれる商品を追求し日々努力しております。
又私たちの経済活動を通して社員をはじめ多くの方々の活動が生き甲斐を生み
幸せな人生が送れることを願っております。
今後も柔軟かつ謙虚な姿勢を保ち優れた物造りへと躍進致します。

代表取締役  石原 完壽

副社長あいさつ
当社には創業以来変わらぬ企業理念があります。
私は、2代目を任され『温故知新』をモットーに日々、励んでおります。
今から40年前、家の横にあった小さなガレージから車を出しフライス・ボール盤を一台ずつ購入し、父一人で始めた会社です。
3年後には、看護師だった母も仕事を辞め父の手伝いを始めました。
夜な夜な、機械の音を子守唄として、妹と二人過ごしていたことを昨日のように覚えています。物心ついた頃からずっと今日まで、会社と共に私たち姉妹も成長してきました。
社員さんが一人一人増え、大家族となり今ではチームISHIHARAとなりました。チームISHIHARAでは、お客様が何を求め、どんな物がどのタイミングで欲しいのか常に最善の提供を考え取り組んでいます。
弊社の強みは『一貫性』だと自信を持って言えます。
金型の設計・製作から製品(加工・溶接ASSY)までの完成が出来ると言うことです。社員一人一人が誇りを持ち、プロとして物造りをする。良い物をみんなで造る。そして、お客様に喜ばれる物造りが社員の自信となっています。
新しい物、難しい物にもどんどん挑戦しています。
人でも会社でも必要とされてなんぼ=価値あるもの。
笑いあり、涙あり、時にはぶつかり合いながらもみんなで同じ方向を目指して頑張って行きたいと思っています。
『ここで働けて良かった!!』最後にそう思ってもらえるような会社にしたいと思っています。
日々、共に。。。

取締役副社長  石原 明枝

PAGE TOP